性のコラム

早漏を改善させる3つのテクニックをご紹介します

彼女とセックスしたものの1分も経たないうちに射精してしまい、申し訳ない気持ちになった経験はありませんか?

早漏の経験を繰り返してしまうと、だんだんセックスに対する恐怖心が湧いてきてED(勃起不全)の原因になることも。

EDを予防するためにも、早漏は早めに改善するべきです。

ただ、どんな早漏の改善方法があるのかわからない、という人が圧倒的だと思います。

そもそも、男性同士で早漏の悩みを共有し合うでしょうか?
早漏は恥ずかしく感じるものなので、隠しがちですよね。

当記事では、早漏の効果的な改善方法を5つ紹介します。
読んで適切な方法を実践すれば、セックスで彼女を満足させられる確率がグンとアップします。

ぜひじっくり読んでみてください。

早漏の改善法①:セマンズ法

彼女と性行為をしながら早漏の改善を図っていく方法です。

手コキや実際にセックスして改善を狙います。

一つずつ解説しますね。

手コキやセックスによるセマンズ法とは?

彼女に手コキをしてもらい、いきそうになったら手の動きを止めてもらいましょう。
射精感がおさまってきたら、再開してもらいます。
以上の行為を、5回ほど繰り返してください。

ローションなどを活用するのもおすすめです。

手コキによる射精を我慢できるようになったら、セックスによるセマンズ法にステップアップします。

実際に彼女の膣内にペニスを挿入し、射精をコントロールする方法です。

具体的には、ピストン運動をして射精したくなってきたら、動きを止めてください。
射精感が落ち着いてきたら、再度ピストン運動を繰り返します。

以上の行為を、セマンズ法と同様に5回程度繰り返しましょう。

セックスするときの体位に関しては、バックが効果的とされています。
正常位であると、彼女の顔や胸など視覚情報などから興奮度が高まってしまい、早漏になりやすいとされているからです。

ただ、体位に関しては、それほど気にする必要はありません。
女性のお尻に興奮しやすい人もいるので、バックでいきやすい男性もいますよね。
よって、自分のやりやすい体位で実践してOKです。

彼女には頼みづらい!どうしたら良いの?

風俗を利用するのも一つの方法です。

風俗店で相手してくれる女性に対し、手コキによるトレーニングを説明し手伝ってもらいましょう。
セックスに関しては、一般の風俗では本番行為が禁止されているので出来ません。
セックスによる訓練を風俗でする場合は、ソープランドしか選択肢はありませんよ。

早漏の改善方法②:早漏防止グッズを使う

早漏を防止してくれるグッズが存在しているので、それらを利用する方法もあります。
種類が多いので、その中で自分に最もマッチしたものを探してみましょう。

3つの早漏の原因全てに対処できるのも、早漏防止グッズのメリットです。

こちらでは、早漏防止グッズを解説しますね。

早漏防止用のコンドームを利用する

厚いコンドームや根本の締めつけ感が強いコンドームのコンドームを使用してみましょう。

生派も、早漏ならコンドームを付けるべきです。
コンドームを付けるだけで、亀頭への刺激を減らせるので早漏の予防になります。

ゴムの厚さにもこだわりましょう。
厚手になればなるほど、亀頭への刺激が減っていきます。

近年のコンドームは、薄地のものが多くなっています。
もしかしたら知らずしらずのうちに、0.01ミリタイプや00.2ミリタイプといった薄手のもの使っていませんか?

早漏で悩んでいる人は、0.1ミリタイプか0.12ミリタイプの厚手のものを利用しましょう。

根本の締めつけ感が強いタイプのコンドームもおすすめです。
根本の締めつけ感が強いことで、射精したくなっても我慢しやすくなります。

ただ締付け感に関しては、試さなければわからないですよね。
数種類のコンドームを買ってきて、良い締めつけ感のものを探してみましょう。

早漏防止用の塗り薬やスプレーを利用する

亀頭専用の塗り薬があります。
局所用の麻痺剤であったり、天然タイプの男性ホルモンであったりなどが配合されています。

麻痺剤といっても、あくまで局所用の麻酔成分が使われているに過ぎません。
ペニス全体としての感覚は残ったままなので、セックスは楽しめます。

亀頭に薬を塗ったあとは、コンドームを必ず利用してください。
危険な成分は含まれていませんが、医薬成分も入っているため女性に薬がついてしまわないように気をつけましょう。

塗り薬と同様に、局所麻酔成分が配合されています。
亀頭に対して、スプレーを吹き付けて利用します。

塗り薬と異なり吹き付けるだけなので、利用しやすい、といった特徴があります。
セックスする前に洗面所などに行き、シュッシュとつけるだけです。

ただ、こちらも麻酔成分が配合されているので、女性につかないように注意してくださいね。

勃起薬や早漏改善用サプリを利用する

勃起不全を改善させる作用のある医薬品を利用すると、早漏が治ることもあります。

早漏気味の人は勃起力が弱いままで挿入してしまい、短時間で射精を迎えるケースが少なくありません。
勃起が完全でないままで挿入すると刺激に弱く、射精を迎えやすいのです。

一方で、しっかりと勃起した上で挿入すれば、刺激に強くなり比較的長持ちします。

さらに、勃起薬にはリラックス効果をもたらす、早漏改善作用のある成分も同時に含まれています。
リラックス効果をもたらす成分として有名なのが、「ダポキセチン」です。

ジェネリックタイプの勃起薬には、ダポキセチンを含むものが多くあるので利用してみるのも一つの方法。

しかし、勃起薬には様々な副作用があるので、十分に注意してくださいね。

また、持続作用があるとされる成分を配合したサプリメントで、早漏を改善する方法もあります。

  • マカ
  • シトルリン
  • アルギニン
  • パフィアエキス

上記のような、男性機能をサポートする成分を含んでいるものが多いです。

  • 血行を促進し勃起力を高め刺激に強くするような作用。
  • リラックス効果を高めて興奮度を弱めるような作用。

以上の効果が期待できます。

サプリなので医薬成分は含まれておらず、安心して利用できます。

早漏の改善方法③:包茎手術・亀頭強化治療を受ける

手術を受けることで、早漏は改善できます。

早漏+包茎である方は、包茎が原因で早漏になっている可能性もあります。
包茎であると、皮がかぶっている亀頭は刺激を受けていません。
セックスで、亀頭がちょっとでも刺激を受けると射精してしまうのです。

包茎手術で亀頭を露出させられれば、摩擦にも強くなり射精をコントロールしやすい状態にできます。

亀頭強化治療と呼ばれるものもあります。

亀頭に対して、ジェル状のフィラー剤と呼ばれるものを注入し、亀頭の表面近くに皮膜を形成させるのです。
亀頭に膜を一枚敷いたような感じになるので、刺激に強くなります。


早漏を改善させる、5つのテクニックを紹介しました。

まずは、彼女に協力してもらうセマンズ法を検討しましょう。
射精感を繰り返し我慢することで、射精のコントロールの仕方を覚えます。

彼女に協力してもらうのは恥ずかしい、という人はグッズで対処しましょう。
塗り薬やスプレー剤、コンドームやサプリメント、そして勃起薬でも対処できます。

どの方法でも改善できなかった場合には、最終手段として手術も検討しましょう。
包茎手術や亀頭強化治療を受ければ、身体的原因(包茎や刺激過敏)の早漏であればかなり高い確率で改善できます。

早漏の改善テクニックがわかったはずです。
紹介した中から自分にマッチした改善方法を実践し、彼女との幸せなセックスライフを満喫してください。