未分類

遺精の原因って何?夢精との違いや病気の可能性を徹底解説!

「遺精」とは人間の生理現象の1つで、セックスやオナニーをせずに射精してしまう現象です。

「夢精」を知っている人は多いと思いますが、遺精はあまり聞きなじみがないのではないでしょうか。

同じような現象である夢精と勘違いされがちですが、遺精にはまた違う意味があります。

今回は遺精の原因や改善方法、夢精との違いについて紹介していきます。

〇遺精とは

遺精とはセックスやオナニーをせずに、無意識の状態で射精してしまう生理現象の事です。

遺精には大きく3種類あります。

  • 昼間遺精
  • 夜間遺精
  • 病的遺精

昼間遺精とは昼間の覚醒時に性的刺激を受けたり、頭の中で想像しただけで勃起し射精する現象です。

そして夜間遺精とは睡眠中に性的な夢を見たり、刺激を受ける事で射精する現象。

この夜間遺精が一般的に「夢精」と言われています。

つまり夢精というのは遺精の種類の1つなのです。

遺精と夢精の関連性はなく、思春期の男子に多くみられる現象を夢精、青少年の男性にみられる現象を遺精とされています。また、社会人で遺精の場合は病気の可能性があるので受診が必要です。

遺精と夢精の二つの現象を同じ時期に同時に抱えることはありません。

引用:オトコクラス

しかし、病的遺精は2つと違い、病気に分類されます。

体に疾患や炎症があると、射精の際に勃起をしていなかったり、性的感情や刺激がなくとも射精をしてしまう事があります。

その場合、病的遺精と判断され治療を受ける必要があります。

〇遺精が起こる3つの原因

遺精の原因には主に3つの原因があります。

  • 器質的疾患
  • 精神的疲労
  • 長期の禁欲

器質的疾患

器質的疾患とは体の内臓の著しい機能低下による疾患の事を指します。

通常、遺精は病気ではありません。

しかし、器質的疾患が原因だと「病的遺精」と呼ばれ病気と判断されてしまいます。

また病的遺精の場合、性的刺激や興奮がなく射精時に勃起状態にならない事がほとんどです。

病気と考えられるのは、1日2~3回以上あって、勃起や性的感情や刺激が、伴わない場合の遺精は病気です。疾患としては脊髄神経疾患や、神経衰弱、精神興奮状態、前立腺炎、極度の精神疲労、禁欲、ノイローゼなどが原因としてあげられます

引用:Hapila

遺精の場合は複数の器質的疾患が原因になり得ます。

原因となる器質的疾患

  • 神経衰弱
  • 前立腺炎
  • 脊髄疾患

昼間遺精や病的遺精の場合、このような器質的疾患が原因で発生する事があります

その場合は遺精そのものの対処よりも、原因となった疾患の治療を行う事が重要になってきます。

精神的疲労

人間は精神的疲労を感じると体の各機能が低下してしまいます。

すると全身のエネルギーの流れが悪化してしまい、ペニスに栄養が行かなくなってしまいます。

その結果、体内精液を溜めておく事が難しくなり勝手に射精してしまうのです。

精神的ストレスなども、要因の一つとなります。遺精が行われる事のできる勃起不全は、心因性勃起不全の可能性が疑われます。

引用:Hapila

また、ストレスや緊張などの精神的疲労を感じると、「疲れマラ」になる可能性があります。

疲れマラ

夜間遺精の場合、ストレスが溜まっていると体が勝手に危険を感じ取り性欲を増加させる事があります。

すると勃起のコントロールが上手くいかなくなり、勝手に勃起状態に入ってしまうのです。

この状態のペニスを「疲れマラ」と言います。

身体が体力の限界を感知すると、カテコールアミンが分泌されます。
カテコールアミンは、アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミンの3つで構成されているのです。
そのうち85%をアドレナリンが占めているため、人を昂揚させて肉体を叱咤激励してくれる働きがあります。
このホルモンには心臓や血管を収縮させる作用があり、これによって海綿体に血液が流入して勃起するというわけです。

引用:勃起.com

夜間遺精は睡眠中に疲れマラが発生し、性的刺激を受けて発生する事もあるのです。

夜間遺精をしたくない方は、なるべく普段からストレスや不満が溜まらないようにしましょう。

長期の禁欲

長期の禁欲若い男性に良く見られる原因です。

夜間は睡眠のため、尿が膀胱に溜まっていきます

その状態で精液が満タンになると、前立腺などの内臓が圧迫され勝手に射精してしまう事に

これは活力のある若い男性の生理現象の1つで、人間が子孫を残すために行われる身体の仕組みであると考えられています。

人体では常に生殖機能が働き続けています。

故にセックスやオナニーで精液を出す機会を増やさなければ、遺精になりやすくなります。

遺精は禁欲している期間の長い若い青年では、自然な生理現象です。(中略)

大学生の調査では、禁欲状態が続けば、月に1~2回の夢精が平均的と考えられます。性交や加齢によって、夢精はしだいに減少、消失します。

引用:コトバンク

〇遺精を防ぐ3つの対策法

遺精の対策法は主に3つ存在します。

  1. 寝る前に排尿する
  2. ストレス解消
  3. 定期的なオナニー

寝る前に排尿する

夜間遺精の場合、睡眠中に尿が溜まりますよね。

すると膀胱に隣接している前立腺や精嚢腺が圧迫される事により、夜間遺精が発生する可能性があります。

若い男性に良く見られる生理現象で、精子の分泌腺の分泌機能が盛んになり、精嚢が拡張して前立腺が分泌液で満杯になって、尿によって膀胱が充満しているために、これらの臓器が圧迫されているところで、性的な刺激が加わることで、男性生殖器が抑えきれなくて、射精してしまうのです。

引用:Hapila

寝る前に排尿をしたり尿意を催すような飲み物を控える事で膀胱に尿が溜まらないようにしましょう。

ストレス解消

ペニスに関する症状は精神的ストレスが原因で発生する事が多いです。

特に緊張やストレスをきっかけとして射精することがあり、遺精という形で危険信号を送っているともされています。

引用:オトコクラス

中年以降の男性は仕事のストレスなどで射精してしまう場合があります。

またストレスが原因で勃起不全になってしまう可能性も。

すると勃起せずに射精をしてしまうという事で、病的遺精に繋がってしまいます。

先述した通り、病的遺精は文字通り病気に分類されますので、この疑いがある方は病院で治療をする必要があります

もしくは、ストレス解消のために自分の好きな事や趣味に時間を使う事で発散させてみましょう。

定期的なオナニー

長期的な禁欲は遺精の原因になってしまうので、なるべく定期的にオナニーで射精をするようにしましょう。

体の機能は使われなくなると退化していくので、射精機能の低下にも繋がってしまいます。

そして、根本的に遺精をすると下着やズボンが汚れてしまいます。

それが嫌だと感じる方は、普段からオナニーで精液を出す事で遺精の頻度を減らしましょう。

オナニーはやりすぎなければ体に悪影響を与える事はありません。

無理に禁欲せず、性欲が増した時は素直に射精するようにしましょう。

自慰行為をすることは、別に悪い事でもなく、身体に何の悪影響もありませんので、性欲が出たときは思いっきり精液を、出しておかれた方が、遺精の回数を減らすことが出来ますので、性欲が出たときは精液を思いっきり、出しておいてください。

引用:Hapila

〇遺精は病気ではない!対処できるように正しい知識をつけよう!

遺精は病気ではなく、男性なら誰でも起こる生理現象の1つです。

むしろ遺精をする事は健康な体である証拠なので、心配する必要はありません。

深刻に考えず、できる範囲で遺精が起きないように予防するようにしましょう。

とはいえ、1日に複数回射精したり勃起してなかったりなどの場合は病的遺精とされ、病気の可能性があります。

その場合はきちんと病院に相談に行くようにしましょう。